数学塾variée@吉祥寺

数学塾の中の人の日記

白髪とオリーブオイルと薄膜

昭和大学医学部の過去問に変わったのを見つけました。

最近,白髪が目立つようになった父は,洗髪後に無色のオリーブオイルを髪につけている。「これをつけると白髪がぐっと目立たなくなるんだ。なぜだろう。」と私に尋ねた。考えられる理由を150字以内で説明しなさい。

「知らんがな」と即答したくなるところですが,模範解答によるとポイントは薄膜の干渉だそうです。

非常に薄く塗ると薄膜*1になるらしい。膜の表面で反射した光と裏面で反射した光の一部は打ち消しあい,反射率をおさえることができるそうです。オリーブオイルじゃなくてもいいんですね。

「白の発色がおさえられる」=「白が目立たなくなる」=「白髪が減ったように見える」ですか? 本当にこんなふうになるんでしょうか。反射率が多少下がったところで大差ないような気がします。輝度がさがっても白は白で,そこに白髪があることくらい,誰にだってわかるでしょう。

そもそも手でオリーブオイルを塗るだけで薄膜を作れるのでしょうか? 私が学生実験で薄膜を作ったときは真空蒸着でやりました。それなりに大きな装置を使いましたよ。高校物理で出てくる薄膜の例はシャボン玉や水面に広がった油などで,これらとオリーブオイルを結びつけるのはちょっと難しいと思います。これは2002年の問題なのですが,当時の受験生はどう答え,そしてどう採点されたのか興味があります。

ちなみに「髪 オリーブオイル」でググると,「ビタミンEを含む」などのヘアケア情報がヒットします。「頭皮の血行がよくなり,髪に十分な栄養がいきわたる」とか「保湿効果があり,髪がサラサラになる」とか。昭和大のお父さんは単にヘアケアしたのでは…… あるいは「気のせい」とか……

昭和大学(医学部) (2017年版大学入試シリーズ)

昭和大学(医学部) (2017年版大学入試シリーズ)

*1:薄膜の厚さは原子数個〜数十個分で,数マイクロメートル程度です。