数学塾variée@吉祥寺

数学塾の中の人の日記

数学検定について

数学検定を受けたときのこと,指導したときのことを書きます。

受けてみた(約10年前)

準1級

易しい。普通の受験勉強で十分対応できます。私は時間制限ありで問題を解くのはひさしぶりで,楽しかったです。燃えるものを感じましたw

1級

私が学生だった頃は試験範囲がたしか「大学教養課程」で,問題もアホみたいに簡単でしたが,受けたときにはもう少しレベルが上がっていました。1次試験に偏微分方程式や複素積分が出てたりしました。いまは範囲が「大学・一般」となっていて,大学専門課程を含むのかどうかぼかした表現になっています。

ちなみに約200人受けて7人合格(合格率3.5%)です。そのちょっと前には約200人受けて3人合格(合格率1.5%)なんて回もありました。公式HPによると平成25年度は3回の試験で969人が受けて75人合格(合格率7.7%)だそうです。

昔とは試験範囲や難易度が変わっていそうなので,古い過去問集を買ってもあまり意味がないかもしれません。新しい本(『ためせ実力! めざせ1級!』がおすすめ)を買って,あとは大学生用の普通の演習書をやるとよいと思います。

実用数学技能検定1級「完全解説問題集」発見―数学検定

実用数学技能検定1級「完全解説問題集」発見―数学検定

ためせ実力!めざせ1級! 数学検定1級実践演習

ためせ実力!めざせ1級! 数学検定1級実践演習

  • 作者: 中村力,財団法人日本数学検定協会
  • 出版社/メーカー: 森北出版
  • 発売日: 2012/02/18
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
  • 購入: 1人 クリック: 9回
  • この商品を含むブログ (1件) を見る

私はまず当時出ていた過去問集を全部買って解きました。

  • 2次は易しい。
  • 1次は時間がなく,9問中7問正解するのは結構大変。計算ミスが怖い。微分方程式のように解法を知らないと解けないタイプの問題も出ます。

試験勉強は1次対策がメインになります。大学1年に戻ったつもりで易しい演習書をこなしました。私の場合,高校数学で解く癖がついているので矯正が必要でした。たとえば多変数関数を文字固定などで処理するのではなく,未定乗数法を使うとかですね。

1級受験者のほとんどは大学生以上で,時間制限のある試験からはだいぶ遠ざかっているはずです。易しい問題を使って,早く正確に解く練習をした方がよいと思います。

あとは行列式や逆行列の計算をたくさんやりました。勉強してみて,試験にはやはり対策が必要だと感じました。基本変形だけで戦うのは苦しいので,いろいろな変形をうまく組みあわせて一気に綺麗な形にする有名問題を一つ一つつぶしていきました。

明解演習微分積分 (明解演習シリーズ)

明解演習微分積分 (明解演習シリーズ)

明解演習 線形代数 (明解演習シリーズ)

明解演習 線形代数 (明解演習シリーズ)

以上の他,適当に専門書を読み返しました。無事受かりました。

教えてみた

手頃な目標

数学検定は普通の中高生にとって手頃な目標だと思います。高2以下だと模試はほとんどないですし,数学オリンピックや広中杯はかなりできる人でないと現実的な目標になりません。その点,数学検定は先取りの目標としても,基本を復習するきっかけとしても使えます。中だるみを防ぐためにも受けてみてよいと思います。

問題集は2冊買う

過去問集がたくさん出ています。本番形式のものと単元別のものを両方買いましょう。

単元別の方は弱点の強化用です。チャートなどでも代用できますが,1冊ですべてまかなえるのはやはり便利。1つ1つの問題が過去問だったりするので「無駄なことをしていない」感が精神衛生上もよいと思います。

本番形式のものは大体4,5回分収録されています。これが少ないと思う人はもう1冊買いましょう。

本は実際に店頭で見て買いましょう。なぜか問題のすぐ後に解答が載っている構成の本が多いのですが,これは使いにくいです。私のおすすめは学研の本です。

受かる!数学検定3級

受かる!数学検定3級

受かる!数学検定過去問題集3級

受かる!数学検定過去問題集3級

受かったら普通の勉強に戻る

数検の問題はかなり素直で,ある級に受かったからといって「その学年の数学は大体OK」とはとても言えません。しばらくは普通の参考書で勉強して,地力を高めてから次の級に挑戦しましょう。