読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

数学塾variée@吉祥寺

数学塾の中の人の日記

『体系物理』何度目かの再購入

参考書/高校物理

『体系物理』を買いました。高校時代から数えて何度目かの買い替えです。

体系物理[第6版] (体系シリーズ)

体系物理[第6版] (体系シリーズ)

この参考書はとても歴史が古く,初版が出たのは1966年です。その後,書名を変えつつ現在に至ります。私が高校時代に買ったときは『新体系物理』でした。タイトルの変遷を調べてみました。

『体系物理』?→『新体系物理』→『新々体系物理』→『体系新物理IB・II』→『新体系物理I・II』→『新体系物理I・II(新課程版)』→『体系物理』

最近まで第4版の『新体系物理I・II』を使っていたのですが,生徒と違う本を使うのは何かと面倒なので新しいのを買いました。

この本の売りは,まず網羅性が高いことです。一般的な物理の問題集は100問程度しか収録されていないことが多く,それを力学,熱力学,波動,電磁気,原子に割り振ると平均20問。これでは全パターンを網羅できません。

それにもう少し数をこなしたいですよね。人間は忘れる動物なので,問題集には冗長性も必要だと思います。最近は『良問の風』などの方が人気があるみたいですが,この点,私は『体系物理』の方が好きです。

もう一つの売りは公式を導かせる問題が多いことです。解いているうちに自然とおぼえます。それも式だけでなく,適用条件も含めておぼえられます。物理ができない人は闇雲に公式を当てはめて解こうとする傾向がありますが,ある公式が使えるかどうかの判断を正しく行えるようになるので,アホなミスが減ります。

重要問題集に進む前にこの問題集でヌルい問題をたくさん解いておくといいでしょう。