読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

数学塾variée@吉祥寺

数学塾の中の人の日記

『入試数学基礎演習』(東京出版)

参考書/高校数学

最近よく使っている参考書について書きたいと思います。
東京出版の『入試数学基礎演習』です。

これは月刊誌『大学への数学』の「基礎演習」と「基礎ドリル」をまとめたもので,文系範囲の問題が単元ごとに2セットずつ収録されています。

「基礎演習」は「日日の演習」の下の「スタンダード演習」よりもさらに易しいコーナーです。そこだけをまとめて作られた入門書です。

この本が向くのは第一に「高校数学を先取りしている中学生」だと思います。

同じ出版社の『1対1対応の演習』に進んだり,青チャートとかでバリバリ問題演習したりするのもいいですが,知らないことがあまりに多いと消化不良をおこしてしまいます。こういう本で一旦基本事項をまとめるといいでしょう。

この本が向く人その2は「数学が易しい大学を受ける人」です。

数学は積み上げ型の科目ではありますが,「全部知ってからでないと次のレベルに進めない」というわけではありません。本書で最低限必要なことを身につけ,さっさと入試問題の演習に進んでしまうのもひとつの手です。地方国立大あたりの素直な問題ならなんとかなると思います。

逆に「難関校を目指す高2生,高3生」にはこの本は向かないと思います。私のようなオッサンにとっては東京出版の本はやはり「できる人向け」で,最低でも「日々の演習」が解けるレベルじゃないと意味がないと思います。背伸びしても力はつかないので,こういう人はまず手持ちの教材をしっかりやるべきですね。