読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

数学塾variée@吉祥寺

数学塾の中の人の日記

『スミルノフ(1)』読んだ/『配置の問題』買った

気分転換に大学図書館へ行ってきました。

スミルノフ高等数学教程(1)

まずは5月に買って,ほとんど放置していた『スミルノフ高等数学教程(1)』 。無事読み終わりました。「行間がない数学書」の第1巻だけあって,サクサク読めますね。個人的には漸近線のところと微分が面白かったと思います。

漸近線

某参考書のようにいきなり結果式を与えられると,いかにも「当てはめて解け」な感じがしますが,この本はちゃんと説明してあって納得できます。

微分

高校の微分(dy/dx)じゃなくて,大学の微分(dy)です。昔習ったときはいきなり多変数でしたが,やはり一変数からやった方が分かりやすい。

総評

全体的に高校生でも読めそうなレベルです。この本の一般的な読者は初等的な解析学を履修済みなはずで,計算例を適当にはしょりながらサクサク読めるでしょう。塾講師の私は「こうやって説明するのか」「この関数はここで出てくるのか(=この本がネタ元か)」などと考えながら読みました。2巻も買ったので時間を見つけて読もうと思います。

スミルノフ高等数学教程 1―I巻[第一分冊]―

スミルノフ高等数学教程 1―I巻[第一分冊]―

『配置の問題:平面・球面・空間における』

ずっと探していたこの本,OPACで所蔵されていることを確認してから行ったのですが,実は amazon で普通に買えます。約3500円と全然ぼってなかったのでポチりました。内容はマニアックすぎて授業には使えそうにありませんが,理論武装のため,そして頭を鍛えるためにこういう本も必要かと。

配置の問題―平面・球面・空間における

配置の問題―平面・球面・空間における