読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

数学塾variée@吉祥寺

数学塾の中の人の日記

模試についてあれこれ

東大模試を受けた生徒と話しました。「○完したつもりが×完だった」は定番の感想ですね。私も昔はよく言っていました。同じミスをしないように気をつけて次回頑張ってほしいと思います。

さて,私がはじめて受けた東大模試はかなりボロボロでした。

体調がよくなかった

  • 夜行電車で上京。全然眠れなかった
  • はじめて経験する東京の夏は暑すぎた

体調とは関係ありませんが,地下鉄の乗り換えで迷って余計なストレスを感じたりもしました。かなり懲りたので,受験のときはちゃんと前日入りして会場の下見もするようにしました。当たり前ですね。

過去問の類題が解けなかった

要するに準備不足。三角形を6角形に変えただけの類題が解けませんでした。その後,過去問集で発見して驚いたのでよく覚えています。

そもそも過去問集を買ったのが夏休みで,ほとんど解かずに模試を受けたんじゃないかな。はじめて微積物理にふれたのもそのときです。田舎の受験生はかわいいもんです。

さて,生徒から「東大志望じゃないんですが,東大模試受けた方がいいですか?」という質問を受けることがあります。私の答えは「『難しかった』で終わらせないなら受けていい」です。素で受けてなんのフォローもしないのは最悪。少しは過去問を解いて,試験後の復習もしっかりやるつもりがあるなら受けていいと思います。

模試も本番も競争なんだから,しっかり準備した上で参加するべきだと思います。

問題の選択でミスした

理科で未習範囲の問題をさくっと捨てたのですが,記号選択の問題や,その単元の知識がなくても解ける問題もありました。解けば1点でももらえたかもしれないのにもったいない。この件の教訓は「おちつけ」ですね。

すべての問題が難しいなんてことはないので,一通り目を通してとれるところはとった方がいいです。