数学塾variée@吉祥寺

数学塾の中の人の日記

講師紹介

名前

平野普之(ひらの ひろゆき)

学歴など

  • 青森県出身
  • 函館ラ・サール高校卒
  • 東京大学教養学部基礎科学科第一卒
  • 東京大学大学院工学系研究科中退

私が卒業した「基礎科学科第一」は現在の「基礎科学科」です。「基礎科学科って何?」とよく聞かれるので,「学科長あいさつ」を引用します。

基礎科学科は,東大の理系・工系諸学科の中でユニークな学際的理系専門課程です。数理・物理・化学・生命の諸科学を,垣根を外して学びます。1998年からは科学を科学するメタサイエンスも加わりました。学生が自分の専門分野を確立する勉強を続ける中で,同時に,非専門分野の考え方を最低1つ以上学んで視野を広げるという,特徴ある教育を行っています。発育期に偏食しないことが健康な肉体を作る上で必須であるように,学生時代に他分野への視点を培うことは,将来,柔軟な思考を維持して自分自身で主体的に考える続ける科学・技術者となるために重要です。そのような科学・技術者こそ,現在の社会から求められています。

チャレンジ精神の旺盛な皆さんの参加を待っています。
http://www.kisokagaku.c.u-tokyo.ac.jp/general/address.html

「非専門分野の考え方を最低1つ以上学んで〜」とあるように,自分の専門分野だけでは単位が揃わないシステムになっていて,ほとんどの学生は数学,物理,化学,生物をすべて学びます。英語が3年まであったり,単位にならないながらも体育の授業があったり(教員や事務員も参加する)で,ちょっと変わった学科でした。当時の学生は自嘲気味に「高校の時間割の延長」と言っておりました。

私は主に数学と物理を学びました。卒業研究は氷上忍先生のもとで。
https://groups.oist.jp/ja/mtpu/shinobu-hikami

その前の半年は前田京剛先生のもとで論文購読。
http://maeda3.c.u-tokyo.ac.jp/index_j.html

こうして振り返ってみると,大学4年のときは物性物理漬けだったみたいですね。

ところで,教養学部基礎科学科第一卒の私は教養学士であり,分類上,文系になるらしいです。理科一類入学後,ずっと数学と物理を勉強していたはずが,いつのまにか文転していましたw

大学院は工学部計数工学科の院へ。工学部でありながら理論系の研究室でした。教授は甘利俊一先生。
http://www.brain.riken.jp/jp/faculty/details/2

助教授は合原一幸先生でした。
http://www.k.u-tokyo.ac.jp/pros/person/kazuyuki_aihara/kazuyuki_aihara.htm

私は不真面目な学生でした。塾のアルバイトにかまけてろくに研究室に顔を出さず,ご迷惑をおかけしました。

主な講師歴

鉄緑会時代は『東大数学問題集』の作成にも参加しました。

2013年度用 鉄緑会東大数学問題集  資料・問題篇/解答篇 2003‐2012

2013年度用 鉄緑会東大数学問題集 資料・問題篇/解答篇 2003‐2012

他に実力を証明するものとしては数学検定1級,Z会9段,『大学への数学』宿題賞もちです。受験数学に関しては一応極めたつもりです。

しかし,いい歳して昔の成績を誇るのは恥ずかしい……

生徒募集 - 数学塾variée@吉祥寺